読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Milan gh'è domà el Milan.

カルチョと財務

abbraccio rossonero -赤黒の抱擁を- 追憶編

ミラン買収に向かう最後の5ヶ月について、ざっくり公式のもの(取締役会、株主総会官報、公式声明)に限定して時系列にまとめた。この記事でおおまかな流れを述べ、詳しい内容は別の記事でおいおい説明するという形をとる。では、最後の5か月を振り返ろう。

 

11月14日

取締役会

株主であるフィニンヴェスト株式会社の請求により、2016年12月2日に、必要であれば2016年12月13日にも株主総会を招集することを決定した。

 

Ac milan comunicato ufficiale | AC Milan

 

 

11月17日

官報

株主総会の招集が公示される(ミランの定款の第10条にて株主総会の少なくとも15日前に官報で公示することが定められている)。議題は取締役会と監査役会の選任などである。

 

Gazzetta Ufficiale

 

11月29日

ミラン公式声明

株主総会は12月13日の10時30分にカーサ・ミランで開催される。

 

Ac milan comunicato ufficiale | AC Milan

 

12月2日

1回目の株主総会

中止

 

12月13日

2回目の株主総会

何の決定もなされなかった。

 

www.milannews.it

 

2月9日

取締役会

決定事項は株主総会の日時である。3月1日と3日に招集することを決定した。

 

www.ansa.it

 

2月14日

官報

株主総会の招集が公示される。議題は取締役会と監査役会の選任、定款の変更などである。

 

Gazzetta Ufficiale

 

2月28日

ミラン公式声明

株主総会は3月3日の9時30分にカーサ・ミランで開催される。

 

Ac milan comunicato ufficiale | AC Milan

 

3月1日

1回目の株主総会

中止

 

3月3日

2回目の株主総会

その日に予定されていたクロージングがないために、何の決定もなされなかった。

 

www.milannews.it

 

3月25日

Rossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.公式声明

株式取得を完了するのに必要な資金すべての調達について、合意が取れた。フィニンヴェスト株式会社の保有するACミランの株式の取得を4月14日に完了するという合意を同社と締結している。

精査の結果、取引を完了することを目的とした、新しいストラクチャーを完全なる中国国外に構築した。この取引において正式にSESに取って代わる新しい企業は、李勇鴻が率いるRossoneri Sport Investment Luxである。

 

3月27日

取締役会

決定事項は株主総会の日時である。4月14日と5日4日に招集することを決定した。

 

www.ansa.it

 

3月30日

官報

株主総会の招集が公示される。議題は取締役会と監査役会の選任、定款の変更などである。

 

Gazzetta Ufficiale

 

4月12日

取締役会

取締役8人は辞任届にサインした。金曜日の株主総会で承認される。ベルルスコーニが買収する以前の1984年からミランで働くレアンドロ・カンタメッサ弁護士だけは取締役を辞任するも、クラブの弁護士として残る。辞任した取締役は以下の8人だ。

  1. シルヴィオ・ベルルスコーニ
  2. アドリアーノ・ガッリアーニ
  3. バルバラベルルスコーニ
  4. レアンドロ・カンタメッサ
  5. パオロ・ベルルスコーニ
  6. レオナルド・ブリーヴィオ
  7. パスクァーレ・カンナテッリ
  8. ジャンカルロ・フォスカーレ

 

www.ansa.it

 

4月13日

取締役会

ロベルト・カッペッリ、David Han Li、マルコ・ファッソーネ(ガッリアーニに代わるCEO)を取締役に選任するために招集された。そのためにガッリアーニが出席した。

 

www.calcioefinanza.it

 

フィニンヴェストとRossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.の共同声明

フィニンヴェストは本日、同社が保有するACミランの株式99.93%をRossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.に譲渡した。

本日のクロージングにより、2016年8月5日に締結し今年の3月24日に更新した売買契約が履行される。同契約はフィニンヴェストCEOであるダニーロ・ペッレグリーノとRossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.の代表者であるHan Liが調印した。

契約の基本事項はしかるべき時に公開される。同契約は、ミランの評価額を負債約€220M(評価時点は2016年6月30日)を含め€740Mとすることを規定している。また、フィニンヴェストは€90Mも受領する。2016年7月1日から今日まで同社がミランに資本金として注入した分を償還するものである。

Rossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.は、ミランに対する増資、その資産面や財政面の強化という重要な措置を行うという義務を負うことを確認した。

明日、4月14日の金曜日に招集される株主総会の決議事項の1つが、新しい取締役会と監査役会の選任である。

Rossoneri Sport Investment Luxembourg S.à r.l.の財務アドバイザーはRothschild & Co、法務アドバイザーはジャンニ・オリゴーニ・グリッポ・カッペッリ&パートナーズ法律事務所とガッタイ・ミノーリ・アゴスティネッリ&パートナーズ法律事務所である。フィニンヴェストの財務アドバイザーはラザード、法務アドバイザーはキオメンティ法律事務所である。

 

www.acmilan.com

http://www.fininvest.it/assets/press/it/CS%20CONGIUNTO_closing%20Milan_13.4.17.pdf(PDF)

 

4月14日

株主総会

新しい取締役を選任した。以下の8人から構成される。

  1. 李勇鴻(会長)
  2. マルコ・ファッソーネ(CEO)
  3. Lu Bo
  4. ロベルト・カッペッリ
  5. David Han Li
  6. マルコ・パトゥアーノ
  7. Xu Renshuo
  8. パオロ・スカローニ

 

www.acmilan.com

www.milannews.it

 

Ad maiora