A Milan gh'è domà el Milan.

カルチョと財務

かくしてromanitàは引き継がれる

フロレンツィがジェノア戦の前にトッティに宛てたメッセージを訳す。今回もイタリア語の練習になるように原文とその下に訳を書く。



CI SEI SEMPRE STATO.
あなたはいつもそこにいた。

Nei miei pensieri, fin da piccolo, ho sempre sognato di essere come te. Come tutti i bambini che iniziano a dare i primi calci a un pallone.
僕は小さい頃からあなたのようになることをずっと夢見ていた。ボールを蹴り始めた子どもたち全員がそう夢見るように。

CI SEI SEMPRE STATO.
あなたはいつもそこにいた。

Quando ho esordito in Serie A. È bastato uno sguardo per sentirti vicino: andrà tutto bene, mi dicesti con gli occhi.
僕がセリエAでデビューしたとき。あなたを近くに感じようと一目見るだけで十分だった。 「すべてうまくいく」と目で僕に語りかけてくれた。

CI SEI SEMPRE STATO.
あなたはいつもそこにいた。

Quando ho segnato il mio primo gol in Serie A. Mi hai dato dei colpetti in testa per dirmi: ora smetti di sognare questa è la tua realtà. Sei dei nostri.
セリエAで最初のゴールを決めたとき。あなたは僕の頭を叩いてこう言った。「もう夢を見るのは止めるんだ。これがお前の現実なんだ。お前は俺たちの一員なんだ」と。

CI SEI SEMPRE STATO.
あなたはいつもそこにいた。

E CI SARAI PER SEMPRE.
そして、あなたは永遠にそこにいるだろう。

Per me, per chi ama il calcio e per questa città eterna. Come te.
僕にとっても、カルチョを愛する者にとっても、この永遠の街にとっても。あなたのように。