A Milan gh'è domà el Milan.

カルチョと財務

abbraccio rossonero -赤黒の抱擁を- 追憶編

ミラン買収に向かう最後の5ヶ月について、ざっくり公式のもの(取締役会、株主総会官報、公式声明)に限定して時系列にまとめた。この記事でおおまかな流れを述べ、詳しい内容は別の記事でおいおい説明するという形をとる。では、最後の5か月を振り返ろう。

 

11月14日

取締役会

株主であるフィニンヴェスト株式会社の請求により、2016年12月2日に、必要であれば2016年12月13日にも株主総会を招集することを決定した。

 

Ac milan comunicato ufficiale | AC Milan

 

続きを読む

売るのは酷だが金になる

Calcio e Finanzaの記事を元に、ローマの財務特集の第2弾を書く。

 

www.calcioefinanza.it

 

続きを読む

長興産SESの買収スキーム 香港とルクセンブルクのSPV仕立て 手付金の出所を添えて

今回は、主にCalcio e FinanzaとIl Sole 24 Oreの記者Carlo Festaによる記事に基づき、手付金(12月13日に支払われた2度目の€100M)の出所に触れながら、ミランの買収スキームを解説する。


www.calcioefinanza.it
www.calcioefinanza.it
www.calcioefinanza.it
carlofesta.blog.ilsole24ore.com
www.corriere.it

続きを読む

マルディーニのインタビュー

本日のLa Gazzetta dello Sportに、パオロ・マルディーニの独占インタビューが掲載されたので、全文翻訳した。とても長いので、注意されたし。

 

続きを読む

ベルルスコーニの手紙 1

先日、ツイートしたベルルスコーニの手紙の全訳をまとめておく(原文はこちら)。

 

すべてのミランティフォージ

 

30年前、私はミランを愛ゆえに買収した。ますます大きくなる愛情の行為として私はミランを売却する。私がチームを託すのは、ミランが国際的な強豪クラブとまた戦えるのに必要なリソースを備え、それを投資する意欲のあるグループだ。

続きを読む

LIVE ACinese Milan

※報道の発信元を新華社に修正した(9月6日)

 

いやはや、驚いた。前々から聞いていた名前とは違うところと仮契約締結してしてしまったから。何やかんやであの爺さん、常に腹に一物抱えている。また一杯食わされた。彼は30周年記念にふさわしいサプライズを提供してくれた。かくしてベルルスコーニ朝は中華帝国禅譲される。

 

Grazie Cavaliere.

 

では、8月5日の一連の経緯に関するツイートを時系列に並べて訳していく。

 

続きを読む

Nicholas GancikoffとSalvatore Galatiotoという男

今回はミランの売却交渉において、重要な役割を果たしている2人の人物であるニコラス・ガンチコフ(Nicholas Gancikoff)とサルヴァトーレ・ガラティオート(Salvatore Galatioto)について簡単に紹介しよう。本来はミランの事前契約が締結されてから書こうと思ったが、8月半ばになるらしいので、もう載せてしまうことにした。